10/7 東京・埼玉大地震  ポータブル電源の実力 | 近年の大災害への準備

10/7 東京、埼玉を中心に震度5強の大きな地震が起こりました。

幸い停電には至りませんでしたが、なにか起きても対応ができるよう準備はしておきたいものです。

 

そこで今回は筆者も利用しているポータブル電源についての記事を作成します。

ボクが使用しているのは、Jackery ポータブル電源 400というタイプです。

決め手は、「保証期間が24カ月」という点。

説明書には、保証期間が書かれています。24カ月 ! これは安心ですよ。

 

今回の記事は、このような人向けの内容です
  • ポータブル電源に興味のある人
  • 家電は何を動かせるのか知りたい人
  • 停電時に有効なのか知りたい人

 

 

災害時のポータブル電源は強い味方

ポータブル電源が家にあるというのは、かなり心強いです。

停電時や避難時にしか役に立たないかもしれませんが、家電も動かせます。

Jackery ポータブル電源 400はこのような家電に対応しています。

重さも3.6kgと片手で簡単に移動できます。

特に台風などによる夏の停電では、厚さをしのぐために扇風機を稼働させられるのは大きいです。

  • 〇 家庭用大きめの扇風機
  • 〇 50インチテレビ
  • 〇 スマホの充電やUSBケーブルで充電するもの
  • 〇 電気毛布
  • × ドライヤー
  • × 電子レンジ
  • × エアコン

 

購入した目的は?

元々はキャンプでの利用目的でした。

冬にキャンプ(星空撮影が目的)に行く事になったのですが、とっても寒いという話を聞いていたので

車中泊時に電気毛布を利用したい!と思い購入しました。

使ってみた印象

普段は自宅のリビングにおいてあります。

なにかあればすぐに利用できるよう充電は満タン。

やはり一台とあると安心ですね。

スマホに利用しているようなモバイルバッテリより容量は格段に多い。

夏の台風の多い季節、空調がストップすると暑くてどうにもならないけど扇風機が動くのは大きいです。

災害時にテレビが使えるのも大きい

 

オプションになりますが、ソーラー充電パネルも販売されておりソーラー充電も可能。

災害時ではなくてもキャンプや車の中で利用可能。

 

コンパクトなので、旅行などにもっていくと車の移動中でも充電できる。

たとえば、カメラの充電をしわすれた、スマホの充電をしわすれたなど。

 

普段もUSB充電に利用することも。

また放置していても充電が目立って減っていかないのは大きなポイント。

毎日、毎週充電しておく必要がありません !

滅多に使用しない、もしくはUSB充電の利用くらいであれば3カ月に一度くらいの充電で充分です。

デメリット

Jackery ポータブル電源 400のデメリットについしてもお伝えします

 

  • 家庭用コンセントからの充電でも8hくらいかかる
  • 消耗品(10年は使用できるとおもうが)

冬の車中泊で利用してみました !

12月の富士山 車中泊で利用した印象です。

夜10時ころから車の中で電気毛布の電源として利用。

 

電気毛布はマックスだと4hくらいしか利用できないが、10段階の3くらいで利用。

朝の6時ころのではあたたかかった。シュラフなどは不要。

 

かなり快適にすごせました。

一泊の車中泊では十分。車シガーソケットからでも充電できるアダプタが付属しているので購入してものだけで事足ります。

まとめ

停電などに備えて購入、というのは少しハードルが高いかもしれません。

価格が40,000円代。

しかし

  • 40,000円で安心感が買える
  • キャンプ、車で利用できる
  • 大規模災害の電源として役に立つ

これが安くおもうか高く思うかですね。

スマホの充電など40回以上できますし、ソーラーでも充電できます(オプション購入は必要)

避難場所では、電源確保は奪い合いまでいかないまでも、順番だとかでもめたくないですね。。

といったことを考えるとボクは良い買い物ができたと思っています!

 

おすすめの記事